上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

抜釘手術入院費の還付金

7月の抜釘手術入院費の還付金が戻ってくる。
高額療養費が1,119円と、会社の保険組合の独自の給付が55,100円。
私のお勤めしている会社の健康保険組合ではこんなありがたい制度を設けてくれているため医療費の負担がかなり軽くなる。

今回の抜釘手術入院(7日間)の医療費
自己負担額は27,379円+差額ベット代他約45,000円=約7万円って感じになる。

健康保険制度がなければ32万円くらいかかっているわけで、いろんな保障で安く安心して医療を受けられる日本に生まれてよかった。
2007-10-24 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

化膿した手術痕の処置

手術痕の化膿した部分を診てもらうため朝早く起きて病院へ
昨日電話で問い合わせた時に、ちゃんと予約を入れてくれていて、
受持の先生に診てもらえるようになっていた。

処置室に通されて、慣れ親しんだ病院ベットに横たわると瞬時に深い
眠りに落ちそうになる。それを必死で耐えるのは地獄・・・。

カーテンの隙間から先生が登場。
傷部分を見て、化膿しているのは皮部分だけなので大丈夫。とのこと。
消毒液を浸した脱脂綿で傷部分をいじくると何かを発見したようで、
ピンセットに持ち替えてぐりぐりと・・・。

傷の中心部分に、中を縫っている吸収性の糸の端がちょこっと出ていた。
それをピンセットで引っ張ってハサミでパチンと切ってもらう。
処置終了~

糸が出てるなんて自分じゃ絶対に気付かないし、ましてそれを切るなんて
ことも当然出来ないので、はるばる遠い病院まで来てよかった


2007-08-22 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

手術の傷のところから・・・

手術の傷のところから軽く出血。ひぃ~
よく見ると今回切った傷の一番はじっこの部分に、直径2ミリ程度の丸い傷が出来ていて
微妙にえぐれてるっぽいっていうか・・・化膿してるっぽい感じに・・・。
・・・・いつの間にこんなことになっちゃったんだろ

慌てて病院に電話をする
「今から来てください」と言われるも、外来終了時間に間に合わないので、
明日の午前中に診てもらうことになる。
「とりあえず今日は自分で消毒してばんそうこうでも貼っておいて。」
ってことで・・・。
消毒セット

たいしたことはなさそうだけど、傷がきたなくなっちゃったら困るから、
頑張って行かなくちゃ・・・
2007-08-21 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

抜釘手術から1ヶ月

夏休みが終わって会社の毎日が始まった。
休暇を取っている人が多く、がらんとした職場は想像以上に快適。
人がたくさんいるだけで、けっこうストレスを感じるものらしい。

そして抜釘手術から1ヶ月を迎えた。
傷も記憶もほとんど薄れてなくなってしまった感じ・・・。

あの時はたしかに「もう2度と入院も手術もしたくない!」
と強く思ったのだけど、なにがそんなにイヤだったんだろう?
もう自分でもそれがわからなくなってしまった・・・。

イヤなことは本当にすぐに忘れてしまう。
「それは心が健康な証拠」と言われたことがあるのだけど、
もしそれが本当なら心はやたらと健康だ。

やっと通院も終わって、保険の請求も出してひと段落。
この夏は結局病院ばっかりだったなぁ・・・。

なんてことを言うとまるで毎年充実した夏を送ってる人みたいだけど、
よく考えてみればいつもまあこんなもんなような気もする。
2007-08-17 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

抜釘手術の医療保険請求

抜釘手術入院の医療保険の手続きをする。ついでに保険金の請求方法をご紹介。

抜釘手術は保険の種類によって手術給付の対象になりません。加入している保険会社に確認しましょう。そういう保険では前回の手術とひとまとめで1つの手術と考えられてしまうようです。
私の加入している保険では、抜釘術は5日以上の入院を伴う場合に限り手術給付の対象です。日帰り入院も保障という保険ですが抜釘術に関しては5日以上入院していないと保障されないってことです。抜釘術ってくせものですね。
入院給付については普通に保障されます。

まず保険会社から【保険金請求書】をもらいます。
私の入っている保険のものは5枚つづりになっています。
保険会社、保険の種類によって様式はいろいろですが一例として。

1~3枚目のタイトルは【同意書】病気やケガについて保険会社などに報告する書類。
・保険会社が医療情報について病院に問い合わせをすること
・病院が保険会社に対して情報を出すこと
に対して同意します。という意味の書類。
4枚目は【保険金請求書】実際の保険請求の内容、振込口座を記入
5枚目は【診断書】これは医師に記入してもらうものです。
保険請求額が10万円以上になる場合は医師の診断書が必要です。
診断書は病院によって値段が変わるようです。
ちなみに私の通っている某私立大学病院では1通10,500円です。
請求額10万円以下の場合は、診断書の提出は不要。病院の領収書や診察券のコピーでOK。

保険金の請求事由が発生してから30日以内に保険会社に連絡することになっています。入院の日から30日ってことですね。連絡手続きは具体的には1~3枚目を提出することです。

私の場合は医師の診断書の提出が必要ですがまだ手元にないので、このタイミングでの保険請求はできません。なので本日1~3枚目を提出。後日診断書を入手してから4枚目の保険請求書と一緒に提出します。

全ての書類を提出てしてしばらく待っているとお知らせのハガキが届きます。あとは保険金が銀行の口座に振り込まれるのを首をながくして待ちます。

記入する時に悩んだ項目は
【傷病名】 右寛骨臼回転骨切り術後
【今までの経緯】
右変形性股関節症(臼蓋形成不全)のため○○年○月○日に右寛骨臼回転骨切り術を受ける。その後、骨癒合良好のため固定に利用した金属スクリュー抜去の手術を受けることになった。
【手術名】 抜釘術
これで正解なのかはわからないけど、こう記入して保険会社に提出。
医師の診断書があればその通りに書けばいいわけですが、まだ手元にないうちに書かなくていけなかったので、手術の同意書や入院療養計画書などを参考に書きました。
医師の診断書をもらってから間違いに気付いたらこっそり訂正します。
2007-08-10 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

抜糸後のオープンチェック

今日は抜糸後の傷の『オープンチェック』のため病院へ。
オープンチェックとは、抜糸後はガーゼを貼られていた状態なのだけど、そのガーゼをはずして何もつけないでも大丈夫か?のチェックのこと。

わざわざそれだけのためにめんどくさ!

今はまだ糸あったところが少しかさぶたっぽくなっているのだけど、
傷は美しくてとてもいい出来だった。
前回手術の時の傷を再度切ったのだけど、前の傷よりも細くなった♪

たしかにこの前まであった2つのネジはすっかり無くなっていていた。
探してみてもネジの入っていた骨の穴まではわからなかった。
調子に乗ってグリグリ触っていたらちょっと痛かった・・・。

オープンチェックも無事合格!!! やったー!!これで終了ー!!!

と思ったら、2週間後に受持医の診察、さらに1ヶ月後には主治医の診察がある。とのこと・・・。

ここまで何度も通わされると嫌がらせなんじゃないか?という気がしてくる・・・。自宅から病院まで約1時間半、病院から会社まで約2時間、そして半日休暇が減っていくんだからぁ~。気軽に呼びつけないでよねー!

いや、ホント丁寧に診ていただけてありがたいです!!

・・・。
2007-07-31 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

抜糸

抜釘手術から2週間。今日は抜糸のために朝から病院へ。

抜糸は、手術の際に皮切りしたところを縫っていた糸を抜くこと。
糸は1個ずつ結ばれていてそれをピンセットで引き上げてハサミでパチンと切って抜く。

抜糸の痛みは皮膚の場所によってずいぶんと違うらしい。
肉がたっぷり部分だとほとんど痛くないらしいけど、骨が近い部分はわりと痛いらしい。

今回私の縫い目は、腸骨という骨の一番尖がった部分。骨まで皮一枚という感じのところなのでわりと痛めだったのかな?とはいえ注射みたいな感覚でチクチクという感覚。

注射や点滴の針が刺さるところを必ずジーーーっと直視し続ける私でも、途中で目を背けてしまった。ちょっとこわかった。
でもあっという間に終了。

今日は会社がお休みの日なので、この貴重な平日の時間にあれもこれもと考えていたのに、結局風邪悪化で熱を出して寝込んでいた・・・。
2007-07-30 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

消毒外来

感染症や貧血を調べるための血液検査と傷の消毒のために病院へ。
消毒と言っても透明テープの上から傷をチェックするだけ。
先生に傷や周辺を押されてももうあまり痛くなくなっていた。
さっさと帰りたかったけど血液検査の結果が出るまで待つように言われてしまう。

仕方なく待っていると同室だった人が車椅子で通りかかる。

彼女は、あまりのごう音に耐えかねてお部屋を移動したとのこと。
耳栓をしていても効果がないほどにすごくてつらかったと言っていた。
私も一晩だけだったけど夜中に眠れなくなったクチなので気持ちは痛いほどわかった。

入院生活には暗黙のルールがある。
話しかけていい時といけない時。
踏み込んでいいところとダメなところ。
その領域を侵さないように注意しながら空気を読まないといけない。

私が退院した後に、その空気を読めない人たちが2人入ってきて、
さらにスーパーいびきおばさんに囲まれて精神的に相当まいった。
とのことだった・・・。
今は移動したお部屋で幸せに過ごせているということなので一安心。
退院してわずか4日の間に世界はどんどん動いていた。

血液検査の結果は良好で抗生剤が終了。
2007-07-23 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

職場復帰(退院翌日・術後3日目)

早速今日から会社へ行く。
電車で、傷に人とかバックとかがぶつからないように。
とちょっとドキドキ・・・。

昨日まで入院患者だったので縦になっているのがツライ・・・。
そして腕には点滴や注射の穴だらけで恥ずかしい・・・。

看護師&医師にちやほややさしくされていた数日間。
会社のメールには厳しいフォローなどが入っていて、
世の中の厳しさを思い知る。

患者様から会社員へのシフトチェンジは難しい。
2007-07-20 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

退院(入院7日目・術後2日目)

消毒をして、傷を保護する分厚い透明テープ、
その上にそのテープを保護するためのテープを貼って、無事退院。

今回の抜釘手術と3泊7日の入院その他の金額は128,000円也。
私の病院は差額ベット代がかかるのでちょっとお高めになるのかな?

抜釘手術の傷はほとんど痛くないけど、やっぱり腫れあがっている。
切って動かしているからどうしても腫れあがっしまうとのこと。

入院&手術は考えていたよりもずっとダメージが大きかった。
麻酔をかけることは身体にわるいことだということがよくわかる。

久しぶりの入院では、自分が前回やったのと同じような手術を受けて
車椅子で不自由にリハビリしている患者さんや、歩く練習をしている
患者さんたちを見て、本当に大変だったことを具体的に思い出した。

やっぱりあんなひどい手術はもうしたくない。
っていうかちょろい手術だってもうしたくない。
そもそももう2度と入院なんかしたくない。と強く思った。
そうはいかないことを知っていてもそう思った。

短い入院でもやっぱり家に帰ってくるとうれしくて心からほっとする。
疲れ果ててぐったりぐっすり眠り続けた。
2007-07-19 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院6日目(手術翌日)

超普通にてけてけ歩き回っています。
でも身体はさすがに疲れている感じで調子はいまひとつ。

今日は点滴くらいしかやることがなくてひまな1日。
熱心にお見舞いに来てくれる病院大好き妹と母と遊んでいました。
夜は向かいのベットの人とペラペラおしゃべり。

昨日は4人部屋に2人だったのだけど、今日は4人部屋になりました。
いびきおばさん&寝息がでっかいおばさんで消灯後も大変にぎやかです。
明日退院でよかった!!!
2007-07-18 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

手術終了!復活!

手術は無事終了~。
ネジは2本ともきれいに抜けました。

前回の手術の5000億分の1の痛みです。
普通にケガした程度です。

麻酔もきれいに抜けて、もう普通に歩いてます。
ごはんはあんまり食べれなかったのでお菓子食べてます♪
たまごぼうろです。ぽりぽり
2007-07-17 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

呼ばれるの待ち

20070717125432
血栓予防の弾圧ストッキングを片方だけはいてます。
いいともみながら待機中。
人のお昼ご飯のにおいが拷問ぽいです。
点滴で栄養補給されてるけどハラヘッタ~…
2007-07-17 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

手術着でーす

20070717124117
マジックテープでつけてあってバリバリっとはがせます。
2007-07-17 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院5日目(手術前)

術前

T字帯&弾圧ストッキングの手術セット。

麻酔の変更は気のせいなのかもしれない・・・。
同意書の件は日付が間違えていたから。と再度書かされた・・・。
まあどっちでもいいや。刑の執行は間逃れたことだし。今のところ。

現在、絶飲食中なので点滴につながれてます。点滴号をごろごろ転がしながらウロついてみたり、ストレッチしてみたり。
6時に起こされたわりには1時まで暇!ひまだぁ~!!!
全く緊張もしないし、かといってここで寝ちゃうと夜寝れないし。
緊張感ゼロです。
うっかりお菓子食っちゃいそうなくらいリラックスしてます。

今朝は主治医の先生の教授回診がやってきた。
前回の入院のときには、教授の後ろ3番手でやってきた先生が、1番先頭に立って回診している姿に感動!!!自分のことのようにうれしくてニコニコ眺めてしまう。
会心の笑みで「がんばりましょうっ!」「はいっ!」って感じで幸先よい朝だ。

でもテレビの占いは12位最下位だった・・・
2007-07-17 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院4日目

淡々と準備をして病院に戻る。17時予定が5分遅刻。
途中でおやつとか買ってて遅くなってしまった・・・。

病院に帰って来たら事態は好転していて、どうやら麻酔方法が変更になったっぽい雰囲気を感じる。
○○チョーの刑について何も言われないし、麻酔同意書は明日また持ってくるというし、麻酔前投薬はないと言われたということはつまりはそういうことだと思う。どう考えても全身麻酔を間逃れたっぽい!ぜんそくでよかった!

21:30から絶飲食が始まった。
手術が終わって許可をもらえるまでは何も飲めない。何も食えない。
手術は13:00開始予定なので朝ごはんも昼ごはんもなし・・・。
かなしすぎる・・・。

あと、受持の先生と話しあって退院は19日の予定になった。
18日に退院したら19日に外来に来ることになるというので、それもアレなので入院しておくことにした。
2007-07-16 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

入院3日目(外泊中)

今日は台風の強風豪雨にめげずにスポーツクラブへ。
世間の人はあまり行動していないらしく電車はとっても空いている。
さすがに手術の後はしばらく運動はムリそうだから、何が何でも今日は行かねばならない。

台風の気圧の変化は喘息症状を悪化させるといわれている。案の定息苦しくて思うようには動けない。それでもちょっとでも動けるとかなりすっきりした気分になる。

運動後はナカタさんとカフェでランチ。冷製トマトのパスタに夏を感じる。
そしてナカタさんと復帰を誓って固く握手。戦場に送り出された感じがした。

外泊許可証に書かれたタイムリミットは着実に近づいてきている。

実は明日、それまでにオツウジがないと○○チョーの刑が待っている。
○○チョーはホントつらいんだ!!イヤだよーーーー!!!
プレッシャーで押しつぶされそうだ・・・。
2007-07-15 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

入院2日目(外泊中)

症状安定のため外泊を許可され、自宅で手術準備をすることになっているrunekoです。
こんなことが書かれた【外出・外泊許可願】は整形外科長の教授の承認を得て病院長に申請。患者本人が行き先と連絡先を記入、記名押印。受持医が許可理由を記入し記名押印、さらに看護係長の記名押印。5つの印がならぶ大げさな書類。
一度入院してしまうと、病院の敷地から出る場合にはこの許可願が必要。通りの向こうのコンビニに行きたくても勝手に出て行ってはいけないことになっている。

「手術前だからゆっくり療養してくださいね~」とナースに送り出された私はすっかり暗示にかかって、今日はゆっくり療養してしまった・・・。
たった7時間半くらい入院していただけなのに、すっかり入院患者気分になってしまった。入院するときに乗ったタクシーの中で抱いていたような他人事のような感じはさすがになくしてしまった。

でも明日は元気出してスポーツクラブへ行くぞーっ!台風でも行くぞー!
2007-07-14 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

入院1日目

今日は色んな説明を受ける。
整形外科の事務、受持医、受持ナース、麻酔科医、手術室ナース、そして主治医の先生。

麻酔科医と手術室ナースは空いた時間にベットサイドまで来て説明をしてくれる。この時に会って話しているので手術室に入った時にとても安心した気持ちになる。

今回の手術麻酔は、下半身だけと考えていたのだけど、全身麻酔と言われてびっくり。全身麻酔とはいえ前回のように自分で呼吸ができないほど強くかけるものではなく・・・などと説明されるもよくわからない・・・。ぜんそく症状があるので気管挿管は避けたかったんだけどな・・・。
術後は私の病室には酸素システムがないので、酸素が必要な間は他の部屋に居ることになると説明される。

そんな説明をきいていると思っていたよりも気楽なものじゃないような気がしてきた。手術自体の痛みはたいしたことなさそうだけど、全身麻酔の副作用はそうとうヤバイ。

点滴、尿管、気管挿管、酸素マスク・・・いやな経験を思い出す。
ほんとに翌日帰れるのか?少々自信がなくなってきた。
受持医は来週中には帰れますよ。と主治医とはずいぶん違うことを言っていた・・・。

とりあえず一通りの説明を聞いて、外泊許可証をもらって帰宅。
術前日の16日の夕方5時までに病室に戻って来ることになった。
2007-07-13 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

入院準備品:その2

会社に忘れてきたので、入院直前に購入。
SD

やっぱりSDカードは東芝製が最高!!!

私の病院は駅からバスに乗って行くのだけど、特にこんな雨の日なんかはバス通りは大渋滞。1時間近くかかることもしばしば。
10:30に入院なのにお店は10:00から・・・。
駅ビルの電気屋さんでmicroSDを購入して、他にもちょこっとお買い物をしていたら気付いたら10時20分!!!やばーいっ!!また遅刻ー!

と慌ててタクシーに飛び乗って「○○病院!」
「こんなでっかい荷物を持って病院って入院患者丸出しじゃん。これじゃ病人みたい!」などとこの期に及んでまだ他人事のように思っている私。

タクシーの運転手さんはものすごい裏道を駆使してくれてなんと33分に病院に到着!
バスだったら45分くらいかかりそうなところ13分で到着!ミラクル!
2007-07-13 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院しました

久しぶりに入院患者になりました。
病院ゴハン

入院患者はのんびりです。1時間で感覚を思い出してのんびりしてます。ねむいです。これからお昼寝です。

液晶!

こちらの病院はテレビが無料で液晶です。感激です。
2007-07-13 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

入院準備品:その1

会社から持って帰る入院準備品

その1


1.ちっこい置時計

2.印鑑(朱肉付きシャチハタボックス入り)

時計は必需品です。
前回入院の時はとなりのベットのおばあちゃんが売店で買ってくれました。

そして忘れちゃいけない絶対必要なのが印鑑。
手術関係の同意書等押印を必要とする書類をいっぱい書かされます。
これだと朱肉が必要ないので便利なんですよw
2007-07-11 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

入院誓約書

この度、○○大学病院に入院するにあたり、連帯保証人と連署の上、下記事項について誓約いたします。

1.病棟での注意事項を守ります。
2.医師看護師職員の指示を守ります。
3.入院料他は遅滞なく支払います。
4.暴力暴言で迷惑をかけて退院させられても意義を申し立てません。
5.入院中に問題を起こした場合、保護者、配偶者、連帯保証人が一切引き受けます。

という内容の誓約書に、患者本人・保護者か配偶者・生計を別にする支払い能力のある連帯保証人のそれぞれの署名押印を済ませて入院時に提出します。

そりゃ病院だってボランティアじゃないのだから当然かもしれないけど、えぇっ?!連帯保証人?!と最初の入院の時にちょっとびっくりしました。

くれぐれも暴力をふるったりして迎えに来てもらうようなことにならないように気をつけます。
2007-07-11 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

縁起をかつぐほどでもないけど

術前検査を受けました。特に問題なく手術を受けられることが決定!

で、検査担当の医師に・・・

「13日の金曜日に入院ですね。縁起悪いですけどね~。」

・・・・・。

「えっ?!?!えぇ~~~!?!?!えーーーーー!!!」
ワンテンポ遅れて動揺しまくりで言葉も出ずにただ騒ぐruneko・・・。

そのやり取りを見ていたナースや近くにいた医師が大慌てで
「あ・・・でもほら!手術の日じゃないから大丈夫!!!」
「そうそう!手術の日じゃなければ関係ないよ!!!」

などと寄ってたかって苦し~いフォローをしてくれる・・・。
つーか、縁起なんて関係ないとは誰も言ってくれないの・・・?

この若い先生にはそういえば1年半前に入院していた時にも、やんちゃっぷりを発揮されちゃったことが2度もあったことを思い出した!
でもナースの評判では、すごく一生懸命でいい先生。とのことなので、ただ口と態度が悪いだけでいい先生なんだ!と信じよう・・・。

それにしても、入院が決まってから今まで全くそれに気付かなかった私もどうなんだ!!!

2007-07-04 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

術前検査に行ってきます!

本日は術前検査のため会社はお休みです。

検査項目は、血液検査、尿検査、心電図、出血時間、胸部レントゲン、股関節レントゲン。
手術に耐えうる身体の状態かどうかをチェックするための大事な検査です。
それぞれの検査結果は緊急扱いですぐに出されて診察で判断されます。
診察を担当するのは、チーフレジデントと呼ばれる病棟医トップのドクター。
昨年、本院に入院していた時に病棟で一番かっこいいと言われていた先生!
わーい♪ラッキー!という感じでへらへらと病院へ行ってきます!!

で、以下業務連絡
というわけなので、メールはケイタイの方へお願いしま~す。

あと、本日誕生日のコードネーム『クマオヤジ』へ
runeko's パラちゃんの下から指令が始まるので捜索してみるといいと思うよ。
2007-07-04 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ネジ抜き手術日決定!

手術から1年半埋め込まれていた金属ネジを抜く手術が
7月17日(火曜日)に決定

転院した病院で、骨切り術の主治医が執刀してくれることになった

股関節の骨切り術を決めた時は、私も主治医も本気で真剣に話をしていた。
神聖な特別な空気みたいなものを感じたものだった。

でも今日はそんな雰囲気はみじんも感じないお気楽さ。
主治医も私も「ま、どうせ抜くだけですからね~。」を連発しつつ
へらへらしながら手術の調整がすすむ。

手術の翌日に退院できる場合もあるんだとか。
でも「2、3日ゆっくりしてってもいいですよぉ~w」だそうで・・・。

こちらの病院は平和な雰囲気でとても良いです。
2007-06-25 : 闘病日記:抜釘手術編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

メールフォーム

runekoさんにメールが送れます。 お問い合わせ等ありましたらどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

プロフィール

runeko

Author:runeko
変形性股関節症runekoの日記。
左右骨切術済!
日々のモロモロのことを書いています。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。