上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

婦人科の検診

前回桜のトンネルになっていた病院の駐車場は、緑がモリモリ生い茂って鬱蒼としている。ここまでモリモリしていると完全に日陰になっていてそうとう涼しい。駅から病院まではとても近いのだけど、途中に植木が売っているところもあり、なんとなく季節を感じられるところにある。そしてこの病院ではまだ都合が悪いことを言われていないこともあり、軽やかな足取りで通院できるのも良いところ。

さて、婦人科の検診。診察室に入るといつもの先生じゃない!!
今まで診てもらっていた先生じゃなくてかっこいい先生ではないかっ!!
股関節も呼吸器もかっこいい先生だけど、婦人科はかっこ悪い先生がいいね!
ってとっても気に入っていたのだけど、かっこいい先生か・・・。

という訳でかっこいい先生の診察。
悪いほうの卵巣から排卵した痕があるから大きくなっているけど、他は問題なし。
ってことだった。その痕っていうのはいったいどういうものなんだろう???
想像してみたけどもわからなかった。

卵巣の病気は、見つかった頃には手術だなんだと脅されて紹介状まで出されたものだけど、今のところ平和に経過観察が続いている。よかったよかった。

次回の診察は11月後半。モリモリの緑が枯葉になっていることだろう。
2010-07-17 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

卵巣とか子宮とかの検査

今日は婦人科の検診のため病院へ。
婦人科主治医のぼっちゃりん先生とは4ヶ月ぶり。
左側の卵巣のチョコレート嚢腫、右側の子宮筋腫の様子をチェック。
どちらもサイズは全く変化なく一安心。
立体的なものを2次元で計測するので誤差があるということなのだけれども、
現在卵巣チョコレート嚢腫は4センチ、子宮筋腫は2センチ。

子宮筋腫の方は、まあほとんど問題ない様子。
卵巣の方は、大きくなっていなくて痛みが出ていないのであれば治療の必要なし。
痛みが出るようだと、卵巣はどうしても手術ということになる。ってことだった。

「じゃあこのまま何もしないで何とかなるって可能性もあるんですか?」とたずねると
「うーん・・・それは・・・。あ、まあホルモン療法って方法もあるんで大丈夫ですよ。」
って、ぽっちゃりん先生はやさしい先生だ。

チョコレート嚢腫はじわじわと大きくなって、手術になる可能性が高いものっぽい。
正直なところ、そのくらいの手術だったら別にしてもいいんだけど~・・・。
でもやっぱりこれもさほど痛いわけでもなんでもないからあえてやりたくはない。

卵巣チョコレート嚢腫はがん化する危険が高いので手術をしたほうがいい。
と言われているわけなのだけども、調べてみたら100分の1の確率だとか。
普通の人が卵巣がんになる可能性に比べればずっと高いわけだけども、
そのくらいで臓器ひとつ取っちゃうっていうのもねぇ?という気がする。

ま、その辺のところはよくわからないので、腫瘍専門の先生にちゃんと
定期的にチェックしてもらいつつの経過観察を続けていくということで。
どうか痛くなったりがんになったりしませんように!!!アーメン!!
2010-03-20 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

懸案の婦人科へGO!(その2)

ぽっちゃりん先生にも股関節の手術で内臓を動かしても破裂しないか?を聞いてみる。
「平気平気。こんなにちっちゃいのは破裂しないよ~。」だそうだ!!!
「どこの病院でやるんですか?」と聞かれて「KH病院ですよ。」というと。
「そ~なんだ~!!!」ってことで話が弾む。
「股関節の手術はいつやるの?」と言われて、
「まあここ1年~3年くらいの間には・・・先生にはせまられてて逃げてる・・・。」
「はははっ!でもそれなら一緒に取っちゃえればいいのにねー。」
「あー、それ前に診てもらった先生にも言われたー。」
「自分もKH病院週2回診察に行ってるんだよー!」
(大学病院の産婦人科は本院にあって、私の通う分院にはないのでたぶん
 入院患者さんの診察に来ているという意味なのだと思う。)
「えーそうなんだー!!!」
「でも実際問題として、診察に行ってても手術室には入れてもらえないんだよねー。」
(ふむふむ・・・なるほどね~。やっぱりね~・・・そんな感じだと思った~!)

「じゃあ次は3月に。もし手術してなかったらってことでね~。」
「3月にはしてないですよー!2ヶ月も入院するんだからそう簡単には!!!」
「ははは!だったらもう決まってないとだもんねー。」

と、とてもとてもなごやかにステキな診察をしてもらいました。にこにこ。
婦人科の主治医の先生はぽっちゃりん先生に決定ーーー!!!

ちなみに大学病院でぽっちゃりん先生の診察を受けるには、紹介状なしなら
(じつは大学病院あての紹介状持ってるんだけどもね・・・)
特定療養費として3,150円かかるし、普通に3時間、4時間待ちだし、
1日に百人とか診るから先生は疲れ果てているし、ゆっくり話してる暇ないし。
今回の作戦は完璧だったな~!!!めずらしく!わっはっは。
2009-11-07 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

懸案の婦人科へGO!(その1)

昨年、紹介状とMRIコピーを持たされていながら無視していた懸案の婦人科・・・。
人間ドックの時、婦人科検診で「卵巣はわからない。」と言われた。
仕方ないので、卵巣チョコレート嚢腫の経過を調査すべく婦人科を受診。
行く病院はせっせと調査して決めていた、こんな↓病院

1.うちの会社の企業立病院であり、なんとなく行きやすい。

2.この病院の婦人科で診察をしている医師は私の股関節大学病院の先生。
  つまり、もし手術とかになったら住み慣れた股関節病院になるはず。
  さらに大学病院よりも通いやすい場所にあるし、大学病院よりは空いているはず。

3.婦人科は数年前にできたばかりで、水曜午後と、第1、第3土曜日のみ。
  土曜日の診察はありがたい!!
  そんなにちょっとしかやってないってことは、たぶんそんなに混んでない!

4 そして何よりなのは、産科なしの婦人科のみ。
  幸せの絶頂の人と病気に悩む人が混ざり合っている図に合わなくてよい。

これ以上条件のそろった病院はないだろ!!ここ以外にどこへ行くのだ!!
ってことで、がんばって土曜日なのに早起きして診察へ向かった。

今日の診察は女性医師っていうのを狙って来たのだけど代診で男の先生になっていた。
やはり婦人科は空いていて、問診表を書き終えてちょっと待ったらすぐに呼ばれた。

先生はわりと若くて、見るからにやさしそうな先生~♪
目が細めで、ぽっちゃりしてて、話し方がちょっとのんびりでにっこりしてくれる先生!

超音波で調べてみると、昨年37ミリだったチョコレート嚢腫は43ミリになっていた。
この前の人間ドックで発見された子宮筋腫はたった3センチのちっこいやつだった。
子宮筋腫については、まったく心配ないということだった。
チョコレート嚢腫の方は今のところ、何もしなくていいけど今後経過観察。とのこと。

チョコレート脳腫は、以前診察してもらった先生に、4センチを超えたら手術をするべき。
と言われていた。
ぽっちゃりん先生は、「こんな小さければ大丈夫ですよ~。ちょっとしか大きくなってないし。
まあ経過は見ていきましょうね~。まあもっと大きくなったり、症状が出たりしたら、
こういう薬を使ってこういう対策をするとか、こういう薬を使う方法もありますし~。
(内容は忘れちゃったしっ!・・・。)まあ、手術で取り除くという方法もありますし~。」
ってことだった。

なんだー!!!よかったーっ!!!     (その2につづく)
2009-11-07 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

病気のことを知る

セゾンファクトリーというお店で買った『生姜茶』がかなりうまいっ!そうとううまいっ!
イメージ的にはゆず茶の生姜版って感じのもの。ぴりぴり辛くて甘くていいにおい。
これからの季節、身体を温めてくれたり、喉をすっきりさせてくれたり、生姜って身体にいいもの!ってイメージのせいもあって、なんともしあわせ気に入った~!
しょうが茶
以前、病気かもしれない。と言っていた友人が検査の結果、病気ではなかった。という話しを聞いた。それを聞いて「え?!ってことは、やっぱりチョコレート嚢腫は病気なんだなぁ・・・。」と、はたと気がついた。なぜか私は「まあちょっと肉切るような手術くらいで済むんだったら別にいいや。」というとっても軽い気持ちでいた。それはもう正常の範囲くらいの感覚で・・・。

でも、そうじゃない・・・
異常だから病気なんだ・・・。
なにかの危険がなければ手術をすすめられたりはしない・・・。
って何を今頃言ってるんだ?
と我ながら思うわけだけど、本人はこれでも大真面目なのだ・・・。

じゃあもうちょっと真面目に考えなくちゃ!と考え直して、突然チョコレート嚢腫についてのお勉強を開始。本屋さんで立ち読みしてもページ数少なぁ・・・。あとはネットで。さすがに患者数が多い病気なだけあってネットには情報が満載。子宮内膜症にチョコレート嚢腫。調べてみるとなかなか厄介な病気であることがわかってきた。

基本的には医師が書いている説明をせっせと読んでいるのだけど、いくつかの患者さんのサイトと、Q&Aなどにも目を通す。そこで気がついたことは「なぜこんな病気になってしまったんだろう?」と言っている人が多いな。ということだった。股関節の病気は生まれつきのものなので原因は考える意味がないことだった。この病気は何かの原因があっての結果ってことなのだろうか?
 
ってなことなども含めて、ここでちゃんとお勉強をして病気のことをちゃんと理解しなくては。この病気とも長いお付き合いになるみたいだし、しっかりとした知識を持って闘病に挑まなくちゃね。
2008-10-03 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

御机下・・・6通目の紹介状

今日はチョコレート病の病院へ。
産婦人科腫瘍担当の海苔先生は今日も海苔っぽい髪型で迎えてくれた。
「じゃあ、大学病院でちゃんと話し合ってくださいね。」と別れを告げられる・・・。
「は~い。でも先生!わたし逆紹介で戻ってきていいですか?!」
ときくと「いいですよ。」と答えてくれた。よっしゃー!

股関節大学病院の産婦人科宛紹介状と画像コピーをどっさりと・・・。
おぉ!なんだか大げさだな!こんなオオゴトなのか?
と、すっかり病気であることを忘れかけていたりして・・・
自覚症状がない病気なんてそんなもの。
ご紹介
股関節の手術をしてから2年半ちょっとというか3年弱というか?の間に、
私は5種類の病気で6通の紹介状を書かれていたりする・・・。

手術がどれだけ身体に悪いか。っていう問題もあるけど、
もともとあった病気が判明してきてるのもあるし、
まあ老化?って感じかもしれないし。
あと単なる転院のための紹介状も。

病気って、運命だから仕方ないんだよね。
ムリをしたとか不摂生をしたとかが原因のものはいっこもないから、
私が悪いってわけじゃないし!!
ほんともう運が悪かったから仕方ないって感じで。

でも、やっぱりめんどくさ~いっ!!!

さーて!期末も終わりだ!今夜はどっさり渡された画像コピーを持って飲み会にGOGOーっ!!わーい♪
私の体の中身が丸見えの恥ずかしいMRI画像をどこかに落としてこないように気をつけなくちゃ~!
2008-09-30 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チョコレート闘病記3(これは運命の波なのか?)

冷静に考えてみると、そんな紹介状を持って股関節主治医の診察へ行くと・・・。

すっかり股関節の手術をするって話しになってるよね???
なんか手術やる気まんまんみたいだよね?!?!
ちょっと影響について気になったからきいてみただけなのに・・・
なんでこんなことになっちゃったんだろう・・・

そもそもどうしてこうなったんだっけ???へんだなぁ・・・
順を追って考えてみる・・・

1.喘息が苦しい。薬がなかなか効かなくて良くならない。
  もしかしたら他のところが悪いのかも?人間ドックへ行こう。

2.肝臓に腫瘍が見つかる。肝臓専門医に紹介状。
  MRI検査をする。

3.消化器内科診察。
  良性肝血管腫であることが判明し経過観察になる。
  同時に偶然MRIに映っていた卵巣チョコレート嚢腫が発見され、
  産婦人科腫瘍専門医に紹介状。

4.産婦人科診察。
  股関節の大学病院への紹介状・・・

全く予想外の、想定外のルートを経由して、
なぜか股関節大学病院にたどりついてしまった・・・。

こういうのって運命の波ってやつなのだろうか?

このまま流されて股関節手術をすることになるのだろうか???

うーん・・・・・・

来月の予定になっている股関節主治医の診察なのだけど
予約する気がおきない・・・。
2008-09-17 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

チョコレート闘病記2(なんでそうなるかね?)

気になっていることは、股関節手術の時、骨を切るために内臓をぎゅうぎゅうと反対側に押し込んで手術をする。そんな野蛮なことをして、嚢腫が破裂したりすることはないのか?ということだった。

海苔先生に股関節手術の説明をする。「腸骨を切って筋肉ごとめくって内臓を反対側にずらして、その奥の坐骨とか恥骨とかもぐりーっと全部切ってがーっとずらすんです。」と説明をすると、海苔先生は目をまん丸くして「へぇえええ~すごい手術ですね~!!!」と明らかに本気で驚いていた。これは医師もドン引きするようなワイルドな手術なんだな・・・。

実は私としては「じゃあちょっと適応をはずれてるけどさっさと手術しちゃいましょう!」と言ってもらえることを期待していた。だけど、そんな私の思惑とは別の方向に海苔先生はどんどん暴走をはじめた・・・。

「どこの病院でやるんですか?」と聞かれたので「○○大学病院です。」と答えると、「うん!どうせそんなに思いっきり内臓が見えるほど開くんだったら、しかも同じ左側だったら、同時にやればいいじゃないですか!そうですよ!それがいい!!!○○大学病院婦人科に紹介状書きましょう!!!次の診察はいつですか?」
「えっと・・・来月の予定です・・・」
「じゃあそれまでに、MRI画像もエコーの画像もコピーして、あとこれから血液検査ね。その結果と紹介状と全部そろえておくので、今度取りにきてください!それを持って、大学病院の方で相談してくださいね♪」
・・・口を挟むまもなく、海苔先生は勝手に結論にたどり着いていた・・・。

ええぇ~!!!すてられたーーー!!!
私はここで海苔先生に診てほしかったのにぃ・・・ぶうぶう・・・。

股関節大学病院は、ものすごくいい病院で大好きだし、長い間住んでいたので愛着もある。なのだけどとてもとても遠くて、バカみたいに大混雑している。ともかく通うのが大変だってことが私にとっては大問題なのだった・・・。休暇を通院に使い果たすのはもうイヤなのにー!っていうだけのことなのだけども・・・。
2008-09-17 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チョコレート闘病記1(新たなる闘病の始まり)

肝臓のMRIで偶然に発見された病気は「卵巣チョコレート嚢腫」というものだった。
チョコレートが大好きで、チョコレートばかり食べている女の子は、身体にチョコレートが溜まっちゃうんだぞ~っ♪っていうラブリーでキュートな病気!

な~んてことではなく、チョコレートみたいなどろどろの古い血が卵巣にたまってしまい放置しておくとガン化する可能性もあるという、かわいい名前に反してかわいくない病気。この病気は子宮内膜症という病気が原因でなるものなので、これがあるということは、子宮内膜症という病気もあることになる。

紹介された産婦人科医は専門が「腫瘍」となっていた。
産婦人科というところはおめでたい幸せ一杯の妊婦さんがごろごろいる中で、ほんの少しだけ病気の人が混在している複雑な世界だった。私が呼ばれることになっている腫瘍専門医の診察室に、私の前に入っていった患者さんはおそらく抗がん剤治療後であろう感じの人だった。
今の今まで正直なところこの病気についてゼンゼン心配をしていなかったし、軽い気持ちで居た。でもガン化するということは、つまりそういう可能性があるということか。と、今になって始めて気がついた。そもそもまだ検査もしていないので、すでにガン化している可能性だってゼロではないわけだ。

腫瘍専門の産婦人科医は海苔みたいな髪型で色白のうすい顔でめがねで痩せている典型的な医者タイプの先生だった。とてもやさしそうな笑顔で目をみて話してくれるのでかなりいい印象をうけた。肝臓先生からおおまかなことは聞いていたので、だいたいの内容は理解していた。海苔先生は本や論文のコピーなどに線を引いたものを取り出して、詳しい説明をしてくれた。こういうふうに説明をされたことは始めてだけど、説得力があっていいと思う。海苔先生もとても頭の良さそうな先生で説明がわかりやすくて上手だった。

それから内診&超音波検査をする。うわさに聞く恐怖の婦人科内診。なのだけど、私には特に何の感情もわいてこなかった。もう病院でひどいことされるのには慣れているせいかな?なんてことをぼんやり考えていた。内診では患部をぐいぐいと押されて「これですよ。」と言われる。

あぁ・・・たしかにそこは痛くなることあるな~と思うところだった。
ふぅ~ん?それ病気だったのか・・・。

チョコレート嚢腫は、今までは経過観察されていた。ところが最近になってガン化の危険性が高いことがわかってきて、放置していても治るものでもないし、早期に摘出する傾向になってきている。なので摘出を考えたほうがいいのだけど、私の場合サイズがまだ小さいことと、摘出年齢に達していないことで、微妙~に手術適応からはずれていて、まだ治療の必要はないかな・・・。と言わる。

でも私にはひとつとても気になっていることがあった。
2008-09-17 : 闘病日記:チョコレート嚢腫編 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

メールフォーム

runekoさんにメールが送れます。 お問い合わせ等ありましたらどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

プロフィール

runeko

Author:runeko
変形性股関節症runekoの日記。
左右骨切術済!
日々のモロモロのことを書いています。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。