上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

2度目の手術は

定期券を更新した。
職場復帰から、そろそろ1年が経とうとしている。
杖をついて職場復帰した1年前。
雨の日が続いて、カッパに長靴の日が多かったことを思い出す。

1本目の手術の時と同じ、術後2ヶ月弱での職場復帰だった。
3分の2荷重でロフストを使っての電車通勤も経験済。
それはもちろん大変なことなのだけど、大変なのも2度目だから、
「うん。大変なのは知ってる。」と落ち着いていられた。

朝は7時半ころ会社に着くような早い時間の空いている電車で、
帰りは混雑前の定時少し前の電車に乗るようにしていた。
混雑を避ければリスクをかなり減らせる。

フレックスタイム制。座りっぱなしのお仕事。は、
足が悪い私にとっては、本当にありがたい。

術後の1年は、そういう感じであせることなく、むりすることなく、
自分にストレスをかけないように、のんびりした気持ちで過ごした。

手術にしても、入院にしても、術後にしても、
2回目は、かなり落ち着いて上手に過ごせたと思う。

2度目の股関節手術を経験して、「一度経験したことって案外楽勝!」と思う。
1度目の手術の『大変』の半分以上は、全く知らないことが起こっていて、
この先どうなるかもわからない。という不安と、恐怖だったように思う。
2度目は「はいはい。不安も恐怖も知ってるよ。」って感じだ。

当然、1本目と違うこともあったのだけども。
それはこの先どうなるのかの想像はなんとなくわかるし。
どうにもならないことは、どうにもならない。ということも知ってるし。
そういう応用力もついていたりするので混乱も動揺もあまりない。

こんなだったら、3度目や、4度目はもっとラク?
どんな感じなのだろう!!なんて気がしたりするけど・・・
たぶん、もういいよ!手術もう飽きた!!
って思っている気がしてならない。
だから、もちろんこれ以上やらないに越したことはないけども。

そんなわけでしみじみ思う。
「経験は力なり」ってのは本当に本当だ。
2013-03-04 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

CPOの簡潔な説明(入院14日目術後9日目)

受持ちの先生がレントゲンをプリントアウトしてきて見せてくれた。「順調に折れてるところは折れてて、つながるべきところはつながってますね。」と言われる。なんか真面目な顔して妙におもしろい感じなんだよね!

で、先生に手術の詳しい説明もしてもらった。
「電動のこぎりで腸骨をぶった切って、そこから骨盤に入って筋肉をよけてよけて、内側の骨をノミで切っていって、がっと身体を伸ばして、切った骨をずらしていってネジで留めて、またぐしゃっと元にもどした。」
ってことだ・・・。

うん。じつにわかりやすい。
けどなんてひどいことするんだっ(>_<)
2012-01-19 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 4 : トラックバック : 1 :

血液も回復中(入院13日目術後8日目)

受持ちの先生が血液検査の結果を持ってきてくれる。術前、術後、そして今の数値を比較できるように、わかりやすく説明してくれた。

術後すぐは順調だったへモグロビンは、そのご下がっていって貧血になった。けれども、なんとか下げ止まって0.1上昇したので、これで下げ止まったはず。

さらに、炎症を示すCRPも、術後はものすごかったけど、順調に低下してきている。まあ正常値はけた外れに低いもので、まだまだだけど。ってことだった。

わかりやすく、簡潔に説明をしてくれる受持ち医の先生。
一生懸命やってくれる先生でほんとにラッキー。




2012-01-18 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

6年前に手術した反対側の足(入院12日目術後7日目)

前回手術をした右足ついては、全荷重許可から1回であっさり歩けたため、リハビリ終了となった。今回反対側を手術して、久しぶりにリハビリの先生のチェックを受けた。

「これは、退院してからかなり自主トレをやった感じの足ですね。」
と言われたので、「ものすごーくやりました。」と答えた。
これは嬉しかった。

自主トレをやらないと、もっと動きが制限されるってことなのかな?
今回も退院してからも、猛烈に自主トレしなくちゃ。

と思ったものの、まだまだまだまだまだ、そんなレベルには程遠く。
考えるとちょっと途方に暮れる。

2012-01-17 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

応援の声(入院11日目術後6日目)

今日は会社の仲間たちで大相撲観戦に行く予定だった日。
そんな話をしていたころは、まさか自分が入院してるだなんて
夢にも思っていなかった。

国技館のどこかにみんなが居る。一生懸命探しながらテレビで
観戦していたけど、見つけられない・・・。

すると友達からメールが入る。
「把瑠都の取組前に、runeko-----!!って叫ぶから!!!」
って内容だった。 ?!?!

イヤホンでじっくり聞いていたら、なんども私の名前を叫ぶ
声援が聞こえてきた。

なんてバカなことするんだっ!!!びっくり!!!

と思いつつ・・・
みんなに応援してもらった感じですごい感動した。
テレビを通しての声援は、私の心に深く響いた。
2012-01-16 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院生活(入院10日目術後5日目)

元気になってきたので携帯電話コーナーで音楽聞きながらパソコンを開いて。
なんてしていると、だいぶ気が晴れる。
P1000003_20120116104802.jpg
夜になって最後の管が抜けた。
どうみてもまともじゃないやつの腕になってるけど・・・
P1000002_20120116104802.jpg
元気になってきたらシートパックでもしよっと。
フェイスショップのROSE&PINE。とってもさらっとした感じ。
2012-01-15 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

湿った犬のにおい(入院9日目術後4日目)

今回の術後の痛みは、前回の術後の30分の1くらい。いや、もしかしたらそれよりも少なかったかも。というくらい痛い思いはあまりしなくてすんだ。鎮痛剤をちゃんと普通に使えたので、前回の想像を絶する痛みじゃなくて、想像できる一番の痛みだった。(っていうかもう経験したことあるから想像がつくだけかも)今回手術して、前回の術後の私がどんなに大変だったかがわかった。術後の痛みはそのくらいで済んで「え?本当にこんなもんで勘弁してくれるの?」と思った。

主治医の説明では「RAOとCPOと片方ずつ受けた人は、CPOはラク。とみんな言いますよ。CPOは筋肉は切らないけど、RAOはこれに筋肉を切った痛みも加わるからです。」とのことだった。なるほど納得。でも私の前回のCPOはおそらくそれ以上に痛かったと思う。手術は何だからどう。って問題じゃなくて、同じ術式だってそれぞれみんな違う手術だ。

第一段階はそんなもので済んでラッキーだったけど、もちろん今もものすごい骨折をしてる人なんだから、痛いし、腫れ上がってるし、びっくりするほど動かないし、痺れてるし、本当に絶望的な状況。さらに日中動いているうちは問題がないのだけど、夜になると足が思いっきり硬直してきてめちゃくちゃ痛くてたまらない。さらに足を床に着けた状態で立ってはいけない免荷状態が3週間続く。先は長いなんてものじゃない。手術4日目小僧なんてまだまだひよっこで当然。できないことだらけなのはやっぱりちょっと気に入らないけど。

今日は術後初めてのシャワーに入る予定。今の私は湿った犬のようなにおいがする。痛くてやばくて冷や汗と脂汗をどろどろどろどろかきまくった激闘の証(か?)をすっきり洗い流さねば。
2012-01-14 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

元気になった!(入院8日目術後3日目)

ひどい目にあったけど元気になってきた!
車椅子に乗ってリハビリにも行った。
咳が出まくってお腹の傷が引っ張られるのが厳しいところ…。
まだ少々貧血気味なのでのんびりとしてます。
これからシエスタ。
2012-01-13 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

病院に帰ってきた(入院4日目)

明日は朝一番の手術です。
8時20分に病室を出発予定。

消灯後の病院でこそこそブログ書いてるの。
ここまできても緊張感ゼロだわ。

病室のセッティングも終わった。
絶飲食もはじまった。
あとはほんとにもう手術だけだ。

がんばってきまーすっ!!!
2012-01-09 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

病院脱走中(入院3日目)

外泊中の入院患者さま国技館でお相撲焼き鳥ビール満喫。
こくぎ
たのしかったー!!行けてうれしかったー!!!

相撲が終わった瞬間、あとは手術か・・・と悲しくなった。

けど相撲帰りにバーゲンでお買い物をした。
大好きな中華料理とビールで機嫌が良くなった。

こんなに楽しんだんだからもういいや。大満足な日だった。
2012-01-08 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

主治医の手術説明(入院1日目)

主治医の先生と受持ちの先生からの家族への説明。
相変わらず丁寧でじっくり1時間ほどかけてわかりやすく説明をしてくれた。
っていうか、あれこれしつこく聞きまくって色んなことを教えてもらった。

今回びっくりしたのは、自分の股関節骨模型!臼蓋側と、骨頭側の2つがあって組み合わせると関節の様子がわかる仕組み。これは研究のために、私の医療費ではなく大学の研究費で作られたものとのこと。(素材は地球にやさしい塩なんだって!!)もとになっているのは、2日前に撮影したCTの立体3D画像。私の骨とまったく同じサイズ同じ形に作られた股関節模型。この模型は手術室にも持ち込まれるらしい。

立体模型を使った説明は、平面画像ではどうしても理解できなかった骨切り線がどうなっているかが一目瞭然。やっとわかった!という感じ。CTの3D画像では骨の内部の様子が見れる。模型ではわからない骨の内部には、ちょうど負荷がかかるところにでっかい穴があいている。骨嚢腫ってもの。穴はそのままでその穴部分を避けてその上のところで骨切りする。穴の開いている骨切り部分はずらして負荷がかからなくなると、穴は自然と埋まってくるんだそう。

前回は抜釘が必要だったけど、今回は不要。ということで、その仕組みについても聞いてみた。前回切った骨と同じ部分の骨はやっぱり切るのだけど、切り方を工夫して糸で縫って止められるようになった。とのことだった。

私の股関節は、進行期入口と勝手に思っていたけど、じつは進行期出口まで来ていた。先生は「私は手術を勧めたりはしないんだけど、runekoさんの場合は特別に勧めた。本当にもうこの手術をやるにはギリギリ限界のところなので。」とのことだった。ギリギリ限界の様子は3DCTやレントゲンでしっかり説明してくれた。穴のほかにも、あちこち棘(骨棘)がいっぱい。骨と骨の隙間(軟骨)が一部ほとんどないこと。などなど・・・。でも平面画像で見るグギグギ加減よりも立体模型の骨頭はキレイな形でよかった。と言うと先生は、いえ、正常な骨頭とはぜんぜん違う。と言われた。そもそも骨頭は左右とも卵型で異常なところを手術するのでずっと長持ちするとは言えないんですよ。と言われた。ふむ。納得。

6年におよぶ戦いの末、限界を迎えて降参した私。
敵の手の内であとはされるがままっ(>_<)
だけどまあギリギリ限界まで粘って納得できてよかった。
あとはどうぞよろしくお願いします。
2012-01-06 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

入院しました(入院1日目)

今回も遅刻(電車が遅れてたってのもあってだお)して入院。
抜釘の時以来だから4年半ぶりくらいってことかな。

入院してまずもらったのがこれ↓
外泊届
今日は帰る気まんまんだったのだけど、病院の規則で3泊4日はダメで2泊3日までしか認められないと言われて、仕方なく今夜は泊っていくことになってしまった。

入院初日本日のミッションは
1.超音波検査(足の血管につまりがないかを調べるんだそうで)
2.レントゲン(ここ1か月ほどのレントゲンじつに32枚になりました)
3.麻酔科医との打ち合わせ
4.主治医&受持医からの家族への説明
5.手術室ナースとの打ち合わせ
6.病棟ナースとの打ち合わせ
二日酔いだし寝不足だし、お昼寝したかったのだけど、今日はなかなか忙しい。

最初に手術をした本院の方はカーテンを全部開けないと言われていて、日中はプライベート空間がまったくなしだったのだけど、こちらの分院のほうはカーテンを閉めていらるのでリラックス度がぜんぜん違う。

病院食はこんな。味はとてもいい。ごはんにかけるもの持ってこないと!
1-6昼
1-6夜
にんじんとグリンピースは食べられません。って申請したのに・・・。

入院初日は帰れなくて泊ることになったけど、まったくなんの問題もなく慣れ親しんだ病院ベットで昨夜の飲みすぎ寝不足を解消。さすがに消灯10時には眠れなくて遅くまでテレビみてたけどね。
2012-01-06 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院前日

昨日失敗された注射痕はこういうことになった・・・。
注射失敗痕

今年初にして、最後の会社の日。やることがいっぱいあっておたおたあわてながら過ごす。いろいろ親切に教えてもらったり、快く引き受けてもらったり、ご迷惑をおかけするというのに本当にありがたい。
会社最後のランチは、ガッツリっ!!
最後のランチ
とんかつ和幸のヒレかつ、えびフライ、かきフライセット。
めっちゃめちゃうまい!しばらくお目にかかれないお料理を満喫!

そして夜は新年会。おいしいお料理に飲み放題をさんざん楽しんで、その後はバーでさらに飲んで。結局午前1時ころまで飲んでいた。楽しく大笑い。みんなに「がんばってねー!」と送り出されて、いよいよあと少しで入院。
2012-01-05 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院前々日、最終外来

今日はCT撮影&3回目の貯血のため病院へ

CT撮影のため放射線部へ行くと、単純レントゲンもあるのでまずレントゲン室へと言われる。レントゲンを撮ろうとしたら、整形の先生の指示があいまいだから先生に先生に聞いてみる。と言われ、結果「診察後に撮影」ってことになる。

CTの撮影をする。立体3Dで股関節骨を作るためのもの。丸い機械に入って機械の中で放射線を出すものがぐるんぐるん回るって撮影される。1回転で何ミリシーベルトって何かに書いてあったけど、それがぐるんぐるん・・・。

その後第3回の貯血。病院には1月からですね?と思われるピヨピヨ先生が数名・・・。あぁそうだった。研修医の先生がいらっしゃるのよね・・・。まんまと注射を失敗される。血管じゃないところに刺してぐりんぐりんやってくれるものだから、青くはれ上がっちゃったじゃないか。まあ仕方ないけど大学病院ってこれがねぇ~・・・。貯血は今日も好調にがんがん抜けてあっという間に終了。無事1200cc貯まったので一安心。

さらに診察があるというのでしばし待ち。受持医になった先生の診察。
受持医の先生は、今までのカルテをすべてしっかり読んでくれていて、とてもよく理解してくれていた。大学病院に来てから6年半の歴史はけっこうなもの。金属アレルギーのこととか、腰痛のことなんかもしっかりとチェックしてくれていた。そして「主治医先生にはずっとろいろ脅され続けてきたんですね・・・」とか言われた!(笑)ほんとよくわかってるっ!!っていうか主治医の先生が書いたカルテ私も読みたーい!!!私が脅されただなんだ言ってたのは被害妄想なんかじゃなくて、第三者の医師からみてもそうなんじゃん!!と思ったらちょっと嬉しくなった。いい受持医でよかったー!!

で、レントゲンの前に診察って言ったのは12月にも大量に撮ってるけど、今日もあと8枚レントゲンを撮る。その説明をちゃんとしてから。って話だった。まぢかよ?と思ったけど「わかりました~大丈夫ですよ~」とにこやかに答える。ここ一カ月ほどでこの病院で撮ったレントゲンは29枚。人間ドックで2枚とマンモ2方向と胃透視。そしてCT。さらに術中、術後もレントゲン撮りまくりだし。すごい被ばく量だな・・・

そんなこんなで最終外来が終わり、明日は会社、明後日入院。
2012-01-04 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あと10日

手術まであと10日。入院まであと6日。
もはやなにも思うこともなく、無心でたんたんとやることをこなす。
年末だけど大掃除とかはちょっとだけしかやらない。
毎年気合いを入れているおせち作りも少ししかやらない。
どうせすぐ入院しちゃうと思うとテンションがあがらない。

年末年始のお買いものと入院準備のお買いものをしまくっているので
重~い荷物を両手に持って歩きまくりまくり。腰痛が出そうで心配。
昨日からデパート、スーパー、コストコ、スーパー、電気屋、100均
と、歩きまくってずいぶんお買い物がすすんだ。

年末年始のお買いものは完了。入院準備はあとほんのちょっぴり。
ってところまでできてきたのでひと安心。

しっかしこんな大荷物・・・入るのかね?
入院する病院は4年半くらい前、抜釘で3泊したことがあるんだけど
覚えてないんだよねぇ・・・。
3泊だと荷物はほとんどないから収納のことは気にしないからね。
ま、なんとかなるか!!
2011-12-30 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

力の加減をまちがえた

昨日の点滴の跡があざになった。
このあざの原因は「強く押さえていてください」と言われて強く抑えすぎたからだと思う。今から考えるとあんなに強く思いっきり押してる必要なんてなかったよ。と思うのだけど、あの時は跡がのこらずすぱっと血が止まるように。って思ってたからつい・・・。親指がめり込むほどだったもんな・・・。
あざ
先生が押さえて止血してくれたほうの注射跡はとてもきれいだ。先生の押さえていた力は、私の止血の10分の1くらいの圧力だった・・・。次は気を付けよう。それにしても注射とか点滴とかの穴がいっぱいになってきた。いやな感じだ・・・。

今日は、定期券を解約した。6か月定期を3か月で解約。会社にはあと1日行くのだけど、今解約したほうがお得だった。この定期券を買った時には、まさかこの期間内に手術をすることになるだなんて微塵も思っていなかった。

テレビを見ていて週間天気予報が表示されている日が入院するまでのすべてだ!と気づいてヒヤリとした。
そう、1週間後には入院なんだ。うげげ・・・
2011-12-29 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

貯血2回目

昨夜は11時すぎまで会社に居て今朝は8時に会社に居たということは寝不足のはず。なのだけどなぜか風邪が良くなっている?!の怪。忙しくて忙しくてけっこう必死の日々に、まずしい食生活だったので、今日のお昼は豪華うなぎ弁当だっ!!っていうか、乗り換え時間がなくて、ロマンスカーの出発時間まであと5分!小田急百貨店の地下食料品売り場に降りたところにある店で一瞬で買って改札へ走ったというわけなのだけど!!
結局仕事を終わらせることができず、あと1日だけじゃ絶対に終わらないレベルなので、会社パソコンを持って帰ってきておうちで残ったお仕事することになった。遠い病院まで大慌てで行くのにパソコン重っ!!
IMG_0061.jpg
睡眠不足で風邪だし、貯血できんのか??と心配しながら病院へ。
今日も点滴されながら廊下に放置されていた↓
点滴なう
貯血の方は輸血センターの人に「早かったですね~」と言われるスピードで一気に抜けた。「いい血管ですね」とほめられた。早く血が抜けるのがいい血管なのだろうか?

2回目3回目ときつくなっていくのか?と、針刺し同行の若い整形外科医に尋ねてみた。そんなことはなくて、1回目で大丈夫だった人は最後までだいたい大丈夫。このくらいの血は抜いてもまったく問題なくすぐにできる。ということだった。ふむふむ。それを期待してできなかったから輸血になった過去にあったような気もするけど、とりあえず納得した。そういわれたら抜かれたことはなんにも問題がなくて、ぜんぜん平気!という気持ちになった。うなぎ食べたから大丈夫だっ!!っていうのもあったし。

なのだけど、オーダーされていた造血剤の注射をされた。この注射痛くて嫌い。しかも超高いの!!造血剤なしの前回が1770円で、今日が9700円。3割負担で7930円もするの?!ヘモグロビン13.6って正常だしむしろ高めくらいなんだから、そんな高い注射いらんっ!!と言いたいくらいだけども、まだ貯血もう1回あるし、手術でもいっぱい抜けちゃうし、いるものなのかなぁ?ヘモグロビン4.3経験者としては、もっと貧血でもまだまだいけるよーっ!なんて思ってしまう。

夜、スーパーで牛乳を買ったら、賞味期限の日には私はもう入院している・・・ってことに衝撃を受けた。いよいよ本気でもうすぐだ(>_<)
2011-12-28 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

来週入院ってとこまできて風邪とかだめだから。ほんと。

風邪のせいでいつもにも増してぼんやりに拍車がかかっている。
そしてふと気づけば・・・
来週には入院!なんてとこまできてしまった。

と、ここまできてもまだ実感がわかない。
我ながらぼんやり人間っぷりに感心してしまう。

それにしても、風邪はかなり問題。
いつまでもだらだら咳が続くことが多いからな。
風邪で気管支が荒れ放題だと、ただでさえぜんそくで不利なのに
ますます全身麻酔が厳しいものになってしまう・・・。
あと、咳とかくしゃみが切った骨に響いて絶望的な激痛に襲われる。
っていう2つの深刻な問題があるわけで・・・。
ほんとに風邪なんてひいてる場合じゃないんだよねぇ・・・。

とりあえず、先日処方してもらったセレベントを使うことにした。これは全身麻酔対策として、いつも使っている吸入のステロイド薬にプラスして使う気管支拡張剤。これを使ってお薬効果をパワーアップして、良いの状態で全身麻酔に挑んで、術後もコントロールがきくように。って作戦のために処方されたお薬。本当は手術前数日くらいで使い始める予定だったのだけど、緊急事態の風邪対策に今日から使用開始。久しぶりで使ったけど、やっぱり効果あるぜっ!!ってことと、そうだった・・・この薬は副作用が・・・。ってことを思い出した。気管支拡張剤ってなんかドキドキしたようなちょっと苦しいなって感じになるんだよね。ま、背に腹は代えられないっす。ともかく気管支が大事。明日からマスクして過ごそう。けふけふっ。
2011-12-25 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

貯血1回目などなど


点滴しながら廊下に放置されているところ。
ここから輸血センタに運ばれて、右手に点滴、左手から採血。

朝、会社に行って午後半日休暇で病院へ。
ロマンスカーでランチを食べながらやってきた。

手術中の輸血に自分の血を使うために、1200ccの血液を、400ccずつ3回に分けて貯めていく。自己血貯血1回目。前回やった病院とは少し様子が違っていて、貯血中にドクター付きっきり&テレビを見せてくれる。などサービスがよかった。あっさりと貯血が終了。来週までに新しい血液を作らなくてはいけない。

それからぜんそく病院へ。私が入院する大学病院では処方してくれないという吸入薬キュバールを大量に処方してもらう。さらに全身麻酔じゃ悪化するだろうからと、久しぶりにセレベントも追加された。アレルギーの薬もたっぷり。花粉症の季節に入るけど骨の手術後はいつまでもくしゃみが骨に響くんだわ…なのでアレルギーの薬は絶対に欠かせない。

やっと病院終了。
これから上京して職場の忘年会に参加する。
今日はいそがしいな。
2011-12-21 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あと20日

手術まであと20日。入院まではあと16日。

そんな今日も忘年会でがんがん食って飲んで。
2次会は東京タワをながめながら、さらに飲んで飲んで大笑いしてました。
東京タワ
たのしいたのしい大好きな人たちとの忘年会。
私の手術入院の話になると、しーんとしてしまう感じがなんともイヤだ。
けっこうな大手術で長い入院ってとこが、いまいちシャレにならん・・・
早く手術してしまって、リハビリもがんばって、また楽しく飲みたいな。
明日から貯血が始まるのだけど、こんなに酔っぱらってていいのか???
血液にアルコールまざらないか???心配だ・・・。
って明日も忘年会なので、抜いた血液のところにアルコールを補充するぞ^^
のこりわずかで、禁酒生活なんで、思いっきり飲みまくろっ!!

2011-12-20 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

欠勤届提出

総務部長 殿
                   ○○部
                   モロモロルネコ   

       欠勤届


下記のとおり欠勤いたしますので、ここにお届けいたします。 
 
1.欠勤期間
2012年1月6日から2012年3月5日まで

2.理由
両変形性股関節症により、
手術(左寛骨臼回転骨切り術)を受けるため。
○○病院にて、2012年1月6日入院、
2012年1月10日手術。
推定約2ヶ月の休業を要する見込。

3.添付書類
医師の診断書1通

                         以上



様式適宜ってなってたので、ネットで例を調べて作ったよ。
2011-12-15 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

術前検査

術前検査の日。15分遅刻して病院に到着。
まず血液検査。試験管10本分の血液を採取。そして尿検査。
前日、飲みまくって食べまくって挑んだ血液検査&尿検査の結果は、2週間前に受診した人間ドックでの検査よりもかなり良い数値になっていてびっくり。酒飲んだほうが正常に近づくってことは、どんどん飲まなくては。ってことなのだろう。

その他心電図、耳たぶ検査(止血時間の検査)、そして大量のレントゲン。胸部2枚、股関節3枚、腰8枚、脊椎全体1枚 計14枚。放射線量なんてどーでもいいぜっ!ってやけっぱちになるレベルの被ばくっぷり。「股関節は痛くないけど腰が痛い」と話したので、腰も診てもらえることになった。

その後薬局での相談。今飲んでいる薬を手術前まで飲んでもいいものかどうか?という内容のものなのだけど、アレルギーの薬と、喘息の吸入だけで、まったく問題なかった。前回抜釘手術の時に、私の愛用する吸入薬【キュバール】は、うちの大学病院では処方できない。本当は代替薬を出すことになるのだけど、ぜんそくの吸入の場合症状が悪化するうおそれがある。なので持ってきた【キュバール】を使うように。ってことだった。今回もやっぱりそうなのか?と確かめたところ、やはり病院からは代替薬しか出せないてことなので、喘息の病院で多く処方してもらえ。とのことだった。キュバールはオゾン層を破壊するフロンガスを使っているため、複雑な扱いになっているのだけど、私にはこれが一番効果がある。ぜんそく病院で交渉していっぱいもらわなくては。

術前検査の結果は、大変健康でなんの問題も無いから手術に向けてせっせと血を貯めてね。ってことだった。よーしがんばるぞーっ!!会社に提出する診断書を3000円で購入。3000円もするくせに年齢が5こも上にかかれてたっ!!ひどいっ!!!
2011-12-14 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あと30日

いよいよ手術まであと30日となってしまった。これからは毎週病院へ行かなくてはならないので、手術を控えていることを自覚せざるを得なくなってくる。今は毎日予定があって忙しく、iPod touchにいまだ夢中だし、正直1日のうち手術のこととか考える時間なんてほぼないに等しい。

最近は毎日のように続く飲み会やらお食事会やらが楽しくて楽しくて仕方ない。居ない期間はたった2か月くらいの予定だけども、いつも私が居る場所から完全に切り離されるとなると、私のいる場所はとても愛おしいところに感じる。

前回手術の時も思ったんだけど、人生にはたくさんのたくさんの選択肢があって、それを選んで選んで私はここに居る。いわば選び抜いたお気に入りの人生ってことなんだから、しあわせに決まってる。でも普段は当たり前すぎて、私が居るのもみんなが居るのも当たり前すぎて、大好きだってことも幸せだってことも気づかなくなってしまう。

私が、幸せな日常と離れることをさびしく思うように、日常から私が居なくなることをさびしいと思ってくれるんだ^^ってことがなんとも嬉しい。応援なんて意味がないというようなひねくれた考え方を持っていたこともある私だけど、応援には意味があった。ここに早く帰ってきたい!って気持ちが復活を早めてくれる。

あと30日。毎日笑って楽しく過ごせますように。
2011-12-10 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

手術本決まり外来

早起きして病院へ。今日も5枚のレントゲンを撮影。2・5ミリシーベルト。
その後先生からクレームが入って取り直し2枚。1ミリシーベルト。
計3.5ミリシーベルト。ここ4日間の被ばく線量19.1ミリシーベルト。

余計な被ばくしちゃったじゃないかー!こっちは急いでるんだよっ!なんて文句を言いたいところだったけど、レントゲン技師さんがかっこよかったので、「いいですよ~。大丈夫ですっ!」と満面の笑顔でやりすごす。
レントゲンを撮るのが下手くそでも、1ミリシーベルト攻撃を受けても、顔がいいからそれでよし。

そんなこんなで予定より遅れて診察に呼ばれる。
先生に「さて、どうしますか?」と言われたので、
「はは・・・やる気まんまんですよっ!」
と苦虫を噛み潰したような顔で答えたら、「そうですか。やる気まんまん・・・」とかつぶやきながらカルテになにか書いている先生。
え・・・・まさか・・・

その後は事務的にガンガンスケジュールが決まっていく。先生が色んなオーダーをせっせと入力している横でナースと貯血の日程調整。その日はイヤだ。もっと遅い時間に変えてくれ。などなどイチイチ注文をつけていたら
「そんなこと言ってないで貯血はちゃんとしないと。他人の血を入れるなんてイヤでしょ?」と言われた。・・・輸血経験者のあたしにそれを言う?プチ切れした私は「もう他人の血入ってるから、べつにいいです。」と言ったら、先生が入力の手を止めてあわててフォローに入ってくれた。

「そうですよね~・・・前回の時にねぇ~。」としみじみ頷いている先生。それを見て懐かしい私の思考の癖がよみがえってきた。「親身になってくれるやさしい先生っ!」→「先生大好きっ!!」→「ラブっ!」

そういえばそうだった。入院中は世界で一番大好きだと思っていた先生。でも元気になったら思い出しもしない私。っていうか手術をすすめるイヤなヤツ。敵だっ!なんて思っていた。6年の時を経て、あのころのラブな気持ちが復活???そんな頭の悪さは6年前のままらしい。

入院手続きをして、タクシーに飛び乗ってあちこち走って乗り換えてギリギリ午後からの勤務に間に合った。来週からは毎週病院。入院まであと30日。その間にあと4回通院だ。いよいよ本格的に手術、入院に向けて動き始めた。
2011-12-05 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

入院準備はじめました

入院の時に持っていこうと思っているものの一部をせっせとかき集めてみた。
すでにすごい大荷物になりそうな感じが・・・。
ま、そりゃ冷静に考えて30~40泊分って思ったら当然だよね。

本当に必要なものは病院の売店に売っているから別にそれでいいわけで。
準備したいものはたいして必要じゃないけどあったら幸せ!ってもの。
ほかの人は必要ないかもだけど私は必要なの!!ってもの。

病院は殺伐としているから、常日頃こよなく愛するくだらない余計なものがごちゃごちゃあると落ち着くんだよね。私の場合。前回入院の時には、おもちゃやらお菓子やらぬいぐるみやらゲームやらがごちゃごちゃ賑やかに放置されていたわけで。そんな私のベットを見た隣のベットの患者さんの小学校低学年くらいのお子様が「隣のベットの人は子供なの?」と言われたほどで。それを上回る充実した環境をめざしているわけなのだ。

そういうわけで、あれこれ集めて楽しい気持ちになっていたわけなのだけど、
どこを探してもなぜか、アレがない。一番大事なアレがっ!!!

アレはこれ↓
NEWカラフル  アイアンハンドNEWカラフル アイアンハンド
(1989/03/02)
トイボックス

商品詳細を見る


そういえば最近見なかったな・・・。退院してからまったく使わなかったんだけど、入院中は髪の毛1本をすっと取れるほどに使いこなしていた愛用の延長右手がっ!!ない!!どこにいっちゃったんだろ?抜釘の時とかに持って行って置いてきちゃったのかなぁ?うーん・・・記憶がない。
生涯に2度もこんなもん買いたくはないけど、買うならピンクかなっ!

つか、出てきますように・・・
2011-12-03 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

長生きしないと意味がない

手術にむけての事前準備として、歯科に行って歯のクリーニングをした。
っていうか、定期的に行っているのがたまたま直前だったってだけだけど。

そして明日は人間ドック。
数週間後にはどうせ術前検査があるんだから今年は健康診断でいいかなぁ~?とも思ったのだけど、肝臓の血管腫も、腎臓の結石も、経過観察だってことなんで、一応超音波があるドックにした。あとマンモもやるし。

もし、その辺のところで生命にかかわるような病気がみつかったりしたら、骨を切る手術なんてする必要はないからね。

あと5年くらいしか生きないんだったら手術なんてしない。10年くらい生きるんだったら人工関節にする。骨切りなんて困難で厄介な手術を受ける理由は、30年も40年も50年もまだまだ生きる気まんまんだからだ。人工関節の耐久年数の短さと、入れ替えも何度もはできない、ということから鑑みて将来に治療方法を残すための時間稼ぎの自骨手術なのだから。

あんなにつらいひどい思いをして、早死にするわけにはいかないんだよ。
骨切りやるからには長生きしなくちゃ元が取れない。
ってことで、明日の結果で長生きしない可能性が出たら手術はキャンセルだ!
2011-12-01 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あと40日

手術まであと40日。

着実に時間は流れて、じわじわと近づいてきている。少し先の話に「あ、そのころ私居ないな・・・・。」と思うことが増えてきた。そういうことが残された時間がそう長くないことを感じさせる。

明日から12月。ただでさえ忙しいのに、今年はその倍以上忙しい。今後通院やらなにやらで費やす時間を考えると、1日中まともに勤務できる日数は、多めに見積もっても11とか、12日くらいのものだと予想される。仕事終わるかなぁ・・・

12月は本当に病院祭りな感じなんだよね。運悪くたまたま入っていた、歯医者&人間ドック。喘息病院には絶対に行っておかなくちゃだし、股関節病院はあと5日くらいかな?いっぱい検査をしたり、いっぱい血を抜いたり。被ばくもいっぱいするだろうな。

大っ嫌いな病院に通いまくらなくてはいけないつらい日々だけど、それ以上に楽しい予定をいっぱい詰め込んであるんだ。忙しくて首を絞めることになるかもしれないけど…。楽しい予定のためなら!!と、モチベーションアップ&スピードアップを期待っ!!!

いよいよラスト40!!愛しい愛しい日常をめいっぱい楽しむよっ!!大忙しで笑いながら突っ走るんだっ!!あはははは~っ!!
(やけくそ?)

2011-11-30 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

前回手術の時の記憶

1月の手術入院のため、12月まででスポーツクラブを退会することにした。今日はその手続きをした。
前回手術の時は「やめてしまうけど、絶対また戻ってくるからねっ!待っててねっ!」と涙涙の感動の退会手続きだったような気がする。しかし、今日はじつに事務的だった。とくに感情もなく当たり前のようにさらさらと書類を書いて手続き終了。

2度目っていうのはこういうことなのだろうか・・・。
そうなんだよ。なんていうか全体的にこんなかんじで、1度目の時みたいなピュアな感じがないんだよね。なーんか、「すれてる」っていうか「ひねくれてる」っていうか「いじけてる」っていうか。
うん。そっか。いじけてるのかも・・・。


前回入院時のことをよく知る友人と話していて、私の記憶している前回のことと、彼女の知っている前回のこととは少し違いがある気がした。そして彼女が知っていることのほうが真実だと思った。

彼女は私に「本当に覚えてないんだね。思い出さなくていいよ。」と言った。

そういえば、私にはつらかったとか、きつかったとか、追い詰められていたとか、弱っていたとかの記憶がない。本当はあったはずの、本当はそんなことばっかりだったはずの真実の記憶がない。上書きされた作られた前向きなストーリーしか覚えていない。「そういうことは言わないようにしている。」じゃなくて本当に「記憶がない。」だ。
これは人間に備わった自己防衛反応のひとつなのか、はたまた私の脳の欠陥なのかは定かではない・・・。まあそんなことはどっちでもいいんだけど。きっと手術をしてから、あの時にあったそういう都合の悪いことを山ほど思い出すんだろうな。という気がする。

今度はそういう都合の悪いことも記録しておきたい。と思う。
2011-11-27 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あと50日

手術日まで50日となった。
60日から50日までの間には何か事が進んだのか?
と考えると、まあちょっとだけ。ってとこだろう。
なにしろひどい腰痛で、志半ばに色んなことを挫折したからな・・・。

入院グッズをせっせと買い集めはじめている。2度目なだけに必要なものは何かはだいたいわかっている。連れて行くぬいぐるみはどの子しようか・・・病院で着るものは・・・かわいゆいパジャマは・・・私にとって一番大事なツボはそのへんだったりする。ま、基本的に必要なものは前回入院で使ったものがだいたいあるから、余計なものに情熱を燃やせるんだよね。準備の方はなんとかなりそうな見通しはついてきた。

さて、これから先50日なわけなのだけど。
年末年始とただでさえ忙しい時期だよね。きっとバッタバタだろうな。12月には術前検査とか貯血とかで病院にいっぱい行くことになる。なのだけど!!「病院は日中だから夜はオッケーだよー!」とか言っていっぱい遊びとか飲み会とかの予定がいっぱい。

今になってふと気づいたんだけど、検査の前日とか貯血の前日とか当日とか、飲酒オッケーなんだっけ?うーーん・・・覚えてないなぁ・・・。どうだったっけなぁ~。ってことが手術まで50日の私の最大の悩み。

そして、いよいよあと50日。
腰痛とか股関節痛とか風邪とかぜんそくとかに気を付けて元気にいこ!
2011-11-20 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あと60日

手術まで2ヶ月。
私に残された時間はあと60日。

それにしても、手術が決まって以来というもの、
どういうわけだか、股関節の調子がよい。

「大丈夫だから手術なんてやめてくれー!」
って主張しているかのよう・・・。
たまに痛みを感じると、「あ、よかった。痛いや。」
なんて思ったりするほど・・・。
少し前はもうちょっと調子が悪かったのにな?

せっかく調子がいいのに、なんとなく風邪気味っぽい。
ぜんそくもいまいちだから、どうも動けない。
股関節がよくても本体が・・・。むずかしいもんだ。

会社の書類とかもある程度まとめたりしなくちゃだし、
留守中に発生する書類の準備とかもしなくちゃだし、
おうちもあちこち整理しておかなくちゃだし、
入院グッズなども買いまくらないといけないし、
いっぱい遊びに行かなくちゃいけないし、
おいしいもの食べておかないといけないし、
禁酒生活の前にがっつり飲んておかなくちゃだし、
友達とも会っておかなくちゃだし、
筋力アップとかもしておかなくちゃだし、
クリスマス、年賀状、忘年会、大掃除、お正月も
ちゃんとやらなくちゃだし!!!

来月になるとハードになってくる通院の間隙をぬって
やらないといけないからなぁ・・・。
の、わりに、私のんびりぼけーっとしすぎなんだよ。

うん!そーだっ!!ちゃんと計画たてなくちゃダメだ!
後悔のない充実した60日の術前ライフのためにっ!!
急いで計画表をつくろっ!
2011-11-10 : 闘病日記:2本目手術 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

メールフォーム

runekoさんにメールが送れます。 お問い合わせ等ありましたらどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索

プロフィール

runeko

Author:runeko
変形性股関節症runekoの日記。
左右骨切術済!
日々のモロモロのことを書いています。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。